書に耽る猿たち

読んだ本の感想、本の紹介、本にまつわる話

海外(ア行の作家)-エミリー・ブロンテ

『嵐が丘』 エミリー・ブロンテ / ヒースクリフ、彼の名は忘れられない

『嵐が丘』上下 エミリー・ブロンテ 河島弘美 / 訳 岩波文庫 2019.9.24読了 サマセット・モームが「世界の十大小説」として挙げた中の1冊が、この『嵐が丘』である。ブロンテ姉妹の1人、エミリー・ブロンテが唯一残した小説、私が読むのは確か3回めだと思う…