書に耽る猿たち

読んだ本の感想、本の紹介、本にまつわる話

海外(ア行の作家)-オルガ・トカルチュク

『昼の家、夜の家』オルガ・トカルチュク/豊かな観察眼で物事を見つめる

『昼の家、夜の家』オルガ・トカルチュク 小椋彩/訳 ★ 白水社EXLIBRIS 2020.2.7読了 去年はノーベル文学賞が2作品発表された。2018年度と2019年度分で、オルガ・トカルチュクさんは2018年度として受賞。2019年度受賞のペーター・ハントケさんの本はあまり惹…