書に耽る猿たち

読んだ本の感想、本の紹介、本にまつわる話

海外(ア行の作家)-ジョージ・エリオット

『サイラス・マーナー』ジョージ・エリオット|人生の晩年に幸せがやってくること

『サイラス・マーナー』ジョージ・エリオット 小尾芙佐/訳 光文社古典新訳文庫 2021.11.10読了 機織り(はたおり)という職業については、現代社会で、さらに日本ではなかなか想像しにくい。サイラス・マーナーとは、この小説に登場する孤独な機織りの主人…

『ミドルマーチ』ジョージ・エリオット|結婚がもたらす絆のかたち

『ミドルマーチ』1〜4 ジョージ・エリオット 廣野由美子/訳 ★★★ 光文社文庫 2021.6.24読了 ついに読み終えてしまった。いつまでもこの小説に浸りたい、読み終えるのが惜しいという感覚をひさびさに味わえた至福の読書時間だった。期待を裏切ることのない…