書に耽る猿たち

読んだ本の感想、本の紹介、本にまつわる話

海外(タ行の作家)-アントニオ・ダブッキ

『インド夜想曲』アントニオ・ダブッキ|幻想的、魅惑的な独特の世界観

『インド夜想曲』アントニオ・ダブッキ 須賀敦子/訳 白水社[白水uブックス] 2022.10.30読了 イタリア人作家の本を続けて読むことに。実はダブッキさんの作品はまだ読んだことがなくて、どれから読もうかと迷っていたが、帯にある「内面の旅行記」という言…