書に耽る猿たち

読んだ本の感想、本の紹介、本にまつわる話

海外(タ行の作家)-ドストエフスキー

「永遠の夫」 ドストエフスキー *名前で売れること

「永遠の夫」 ドストエフスキー 千種 堅/訳 新潮文庫 2019.1.12読了 生涯ただただ"夫"であるにすぎない"永遠の夫"の物語。裏表紙にある内容紹介。一体どんな話なんだろうと読んだけど、正直何も感想がない。ただただ字を追っていっただけのようだ。解説には…