書に耽る猿たち

読んだ本の感想、本の紹介、本にまつわる話

海外(ハ行の作家)-パウロ・コエーリョ

『不倫』 パウロ・コエーリョ  / 不倫をする側とされた側、悩む人が多いのは

『不倫』 パウロ・コエーリョ 木下眞穂/訳 角川文庫 2019.3.31読了 私がパウロ・コエーリョさんの『アルケミスト』を読んだのは、読書の楽しさを知り、小説を貪るように読み始めた頃だったと思う。当時は翻訳された作品を読み慣れておらず、読んだ後も日本…