書に耽る猿たち

読んだ本の感想、本の紹介、本にまつわる話

海外(ハ行の作家)-フェルディナント・フォン・シーラッハ

『犯罪』フェルディナント・フォン・シーラッハ/読みやすいけどもっとスリルが欲しい

『犯罪』フェルディナント・フォン・シーラッハ 酒寄進一/訳 創元推理文庫 2020.3.9読了 2012年の翻訳部門本屋大賞1位の短編集で、作者のデビュー作だ。その後も彼の本は何冊か刊行されているのは知っていたが、読むのは初めてだ。11の短編があり、どれも犯…