書に耽る猿たち

読んだ本の感想、本の紹介、本にまつわる話

海外(ハ行の作家)-フローベール

『感情教育』フローベール|意外と感情表現は少なく淡々と進むのです

『感情教育』上下 ギュスターヴ・フローベール 太田浩一/訳 光文社古典新訳文庫 2021.12.18読了 昔、フローベールの『ボヴァリー夫人』を読んだときに、実はそんなにおもしろいと感じなかったので彼の作品はあまり積極的に読もうという気がおきなかった。そ…