書に耽る猿たち

読んだ本の感想、本の紹介、本にまつわる話

『鏡は横にひび割れて』アガサ・クリスティー|マープルは安楽椅子探偵さながら

f:id:honzaru:20211125080607j:image

『鏡は横にひび割れて』アガサ・クリスティー 橋本福夫/訳

ハヤカワ文庫 2021.11.26読了

 

リスティーさんの作品群のなかには、タイトルが斬新で目立つものが何冊かある。この作品もその一つだ。ミス・マープルシリーズの8作めである。

入はミス・マープルがその住み慣れた家、住み慣れた街(ロンドンからほど近い架空のセント・メアリ・ミード村)の記憶とともにもの想いにふける場面だ。クリスティーさんの作品は単にミステリ手法が長けているだけでなく、さりげない情景を奥深く表現し、人間の心理をうまく捉えている。それがミステリファンのみならず、世界中で多くの読者に愛されている所以だろう。

メリカの名女優とその夫がこの街に古くからある邸宅ゴシントン・ホールに引越してきた。引越し祝いのパーティーで起きた毒殺事件。一体誰が何のために。フーダニット(誰が)よりもホワイダニット(何故)に重点を置いた作品で、安定のクリスティーミステリを楽しめた。

女優のマリーナがある場面で「凍りついたような表情」をする。マープルの友達であるバントリー夫人がそれを見て、作品のタイトルである『鏡は横にひび割れて』を連想する。イギリスのアルフレッド・テニスンという方の詩の一部なのだ。もちろん実際に鏡が割れたりはしていない。

う結構お年を召しているマープルは、召使いに身体を気遣われたり嫌味を言われたりで、悶々とする。それでも根っからの穏やかで奔放な性格からか、気にせず事件解決に思いを巡らせる。まるで事件があるほうが生きがいになるかのように。実際に読んでいる私たちからすると、聞き込みをする探偵役はクラドック主任警部だ。マープルはといえば、まるで「安楽椅子探偵」さながら。それでも最後はめくるめく謎解きを披露する。

リスティーさんのシリーズものは、何から読んでもさほど困らずに一話で楽しめるのだけど、今回に限っては『書斎の死体』を先に読んでおけば良かったかなと思う。舞台となるゴシントン・ホールで死体が発見されたという事件が過去にもあったのだ。それにしても、こういった殺人に続けて見舞われる場所とは一体…。

ープル老嬢のチャーミングなのにカッコいい姿をみていると、やはり先日読んだ『木曜探偵クラブ』を思い出す。探偵にはある程度の人生経験を積んだ年配の方のほうが私は好きだ。さて、クリスティー作品、次は何を読もう。

honzaru.hatenablog.com

honzaru.hatenablog.com

honzaru.hatenablog.com

『ほんのこども』町屋良平|言葉の独り歩き

f:id:honzaru:20211123121548j:image

『ほんのこども』町屋良平

講談社 2021.11.24読了

 

ての小説家にはもちろんのこと、何らかの形で文章を書き、読み、そして言葉を愛する人にとっては、少なからず心に響くものがある小説である。私小説のようなエッセイのような、いや、でもやっぱりこれはフィクションだよなと思いながら、言葉の渦の中に飲み込まれていった。

中で町屋さんは、「おもう(思う)」「かく(書く)」「はなす(話す)」という、文章で表現するために必須の感情や行為をひらがなで示している。小説では、よく漢字を使わずに平仮名を用いて何かの意図を印象付けたり、表現を和らげることが多いが、この作品では他にも何か思惑がありそうだ。

えばタイトルの『ほんのこども』も、「本の」子供なのか、「わずかに」という意味での「ほんの」なのかわからない。もしかしたらこどもは「子供」ではないのかもしれない。なんてことをつらつらと、言葉遊びや想像が好きな読書家の方はこんな空想に耽ることがまた楽しいのだ。読み進めると、「ほん」はまた違う意味もあったと知る。しかも「ほんのこ」でもあるのだ。

つて小学校で同級生だった「あべくん」から散文のようなものをメールでもらった「かれ(作中の町屋良平さん)」は、それをヒントにして自分の文章と融合させて小説を書こうとする。「かれ」と「あべくん」が混在したり、「私」も出てきて一体誰が誰だかわからなくなり、時には小説自体が喋り始めるなんてこともある。

「普通に仲がいい」「フィクションぽく生きている」など、現代風によく使われるけれどいまいち説明不可能なフレーズを浮かび上がらせて問いかける。時代とともに文章や言葉も独り歩きしていて、なおかつこの小説の中で言葉自体が独り歩きし彷徨う。これを私小説と捉えるのならば、小説家は苦しい仕事なんだろうと思う。小説家だけでない、文筆家、文章を生業にしている人にとって、自分の書いたものから自分の真の姿を映し出される怖さがある。

屋さんの小説は、芥川賞を受賞した『1R1分34秒』も、文藝賞を受賞した『青が破れる』も未読で、この作品が初読みである。圧倒的な純文学たるたる文体。町田康さんと田中慎弥さんが合わさったような雰囲気もうかがえる。思考回路がぶっ飛んでいるところもあるが、小説家の頭の中はえてしてこんなものか。保坂和志さんが好みそうだ。以前、保坂さんが推していた作品に少し似ている。

む人を選ぶだろうし、万人におすすめできる作品ではないけれど、読んだ人がどんな感想を持つのかとても興味がある。そもそもこの本はあらすじを説明するのも、感想を伝えるのも、とてつもなく困難である。

honzaru.hatenablog.com

『侍女の物語』マーガレット・アトウッド|女性が監視させられるサスペンスフルな世界

f:id:honzaru:20211121134455j:image

侍女の物語マーガレット・アトウッド 斎藤英治/訳

ハヤカワepi文庫 2021.11.22読了

 

ブフレットという女性の目を通して「侍女」として生き抜く様を描いたディストピア小説で、アトウッドさんの代表作のひとつである。この作品でいう「侍女」は、子供を産むためだけの道具として扱われている。全ての女性が仕事と財産を取り上げられ、妊娠可能な女性はエリート男性の元に派遣される。

中に出てくる「司令官」「保護者 」「 代用紙幣」「救済の儀」など聞き慣れないワードが不穏な空気をもたらす。よく比較されている通り、ジョージ・オーウェル著『一九八四年』を彷彿とさせる。健康な身体を持つ女性が監視された社会。そら恐ろしい世界で内容もとても衝撃的なのだが、小説としてはサスペンスフルで、とてもおもしろく引き込まれた。

式がこのように行われるとは、この場面は衝撃的だった。足を開いている侍女と、侍女の頭をお腹に乗せて支える本当の妻、一体どちらが辛いのだろうかをオブフレットは考える。いや、司令官すら快楽はないであろう。3人揃って感情を抑制された機械のようだと思った。

中に何度か「サンドレス」と訳されたものが出てくる。あまり聞き慣れない単語だけれど、サンダルと対になって出てきたので、夏用のドレス、夏用の服だとわかる。サンダルの「サン」も「太陽」なのだと今更ながら気付く。元々英語だったものがそのまま定着している言葉は、もうそのまま日本語であって、意味すら考えなくなっている。

んな世界はないだろうと思いながらも、このギレアデ共和国の規律の中にはまっとうな部分もあり、ある意味ではどこかであり得そうな世界なのだ。友達であるモイラが脱出したように、オブフレットもここから逃げ出したい。そう強く願いながらも、この世界の掟を受け入れ、自分なりの快楽や安寧を見出そうとするところが人間らしくもある。

ブフレットの語りの中に登場する、侍女らを統括しているリディア小母とはどんな人なんだろう。彼女が1番恐ろしく感じる。女性が軽んじられている世界なのに、女性が全てを管理している矛盾と密やかな本質が混在するこの世界。続編にあたる『誓願』では、リディア小母の立場からも物語が語られるようで続きが気になる。

honzaru.hatenablog.com

honzaru.hatenablog.com

『平場の月』朝倉かすみ|口調だけで年齢はわからない

f:id:honzaru:20211119082141j:image

『平場の月』朝倉かすみ

光文社文庫 2021.11.20読了

 

人の恋愛小説と謳われているこの作品、50歳の中年男女を主人公にした小説である。かつての同級生と再会し、この年齢でこんな関係になるなんてなかなかないだろうと思いながら読み進めた。決してドロドロの不倫でもなく、純粋な恋愛をしている2人が一途である。

文が短い。歯切れがよく無駄なものがない。地の文も会話もとても短い。見たもの、思ったものをそのまま表現している感じ。だからなのか、初めは青砥と須藤がまだ若者であるかのように感じた。それでも考えている内容は大人のそれであって、よく考えたら大人だからといって長い文章になるのは小説の中だけかもしれないな、と思い直す。

に私だって家で話す会話は短い単語で済ますし、日常発する言葉には修飾語や比喩なんてまず使わない。こうやって他の方のブログを読んでいても、年齢を明かしていない限りは実はその人の年齢はわからないもので、「この人は○歳くらいの方だったんだな」とわかるのは、その年代でしか知り得ない感情を表した時だったり、昔のニュースや出来事に触れている時だ。

中で登場する「白いうさぎが[OKAY]という旗を掲げたスタンプ」とか、「ポンポンを手にジャンプするクマのスタンプ」など、LINEのやり取り一つとってもリアルに想像できる。ブラウンとコニーの無料スタンプだよなぁと。数年前に起きた事件や流行ったドラマの話も出てきたから妙に身近に感じる。

者たちの恋愛と違うのは、それぞれの人生経験値があること。どこかで自分の行動にブレーキをかける、相手に負担をかけまいとする。そして、夢と希望だらけの若者と違って、ある程度の歳になった大人の恋愛では、老いがのしかかる。

た目の問題だけではない。身体になんらかの不調が生じてしまい病気を抱える人も少なくない。須藤の大腸癌もそうだ。ストーマ人工肛門)の問題については考えさせられた。中年以降になると、この先に必ず訪れる死をどうやって迎えるかも頭をよぎるのだ。

の本は数年前に直木賞候補作にも選ばれ、テレビでも紹介されていたのでいつか読みたいと思っていた。もしかしたら、ある程度歳を重ねた大人にしか理解できない内容かもしれないけれど、読後感は良い。2人はきっと幸せだった。だって50歳にもなってこんな気持ちになれたんだから。

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』トーマス・サヴェージ|鳥肌が立つほど感性を揺さぶられる名作!

f:id:honzaru:20211117081144j:image

『パワー・オブ・ザ・ドッグ』トーマス・サヴェージ 波多野理彩子/訳 ★★

角川文庫 2021.11.18読了

 

日から一部の映画館で公開される同名映画の原作である。この作品自体かなり気になっていた。というのも、なんと『ブロークバックマウンテン』を彷彿とさせるとあるから。私は映画のなかでは『ブロークバック〜』が5本の指に入るほどお気に入りなのだ。

から、少しだけ期待しながら映画の原作であるこの作品を読んでみたのだが、、なんと期待以上に素晴らしかった。こんな小説は今までに読んだことがなく、読み終えた直後は衝撃を受け鳥肌が立ってしまったし、暫くしてからもぼうっと放心状態。とんでもないものを読んでしまった。

きな牧場を共同経営する兄フィルと弟ジョージ。フィルはスマートで頭が良く快活、ジョージはずんぐりした体型で物静か、まさに対照的である。何十年も2人での生活を続けてきた。そこにローズが現れてジョージと結婚することで不穏な空気が生まれてくるのだ。

の先どうなってしまうの?フィルは何を考えているのか?まさに息もつかせぬ展開でサイコ・サスペンスとも言える。ストーリー自体おもしろいのにさらに文学的でもある。登場人物全ての心理描写が巧みで、感性に訴えかけられる。色々な愛の形、美しい大自然の描写や残酷な論理。無駄な文章が何一つない。本当におもしろかった。こういう本に出会うのは年に数回だけだ。余韻に浸りたくて、明日、本を読みたくないほど(たぶん読むけど)。

画化に合わせてこの角川文庫の本と早川書房から単行本が新訳が刊行されていた。どちらも新訳のようで迷いに迷った(特に早川さんは訳にも装丁にも力を入れているし…)。書店で最初の段落を読み比べ、どちらも遜色がなかったから安価な文庫のほうを選んだ。でも訳者違いで読んでもいいかなと思っている。きっと、そのうちハヤカワepi文庫に入りそう。

もそも最初の一段落を読んだだけで、引き込まれる。どうしてこんな名作が長く絶版になっていたのか不思議だ。皆さん是非読んで欲しい。外国文学(翻訳もの)が苦手な方は、映画を観るのもいいと思う。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞しているくらいだから間違いないはず。かくいう私も、観に行こうかと思っている。俳優陣がどのように複雑な心理を演じるのか楽しみなのだ。

『ゴリラの森、言葉の海』山極寿一 小川洋子|因果という考えを持たないゴリラ

f:id:honzaru:20211116004124j:image

『ゴリラの森、言葉の海』山極寿一 小川洋子

新潮文庫 2021.11.16読了

 

長類学者の山極寿一(やまぎわじゅいち)さんと、小説家小川洋子さんの対談集である。なんと、ゴリラにまつわるもの。猿好きとしてはもちろんたまらない。山極先生は、ゴリラ研究の第一人者であり私も尊敬してやまない存在。小川さんも繊細で美しい文章を奏でる好きな小説家の1人である。

極さんはゴリラのことを「人間の模範であるということ、人間の本当の姿を映し出すことから、人間の鏡である」という。小川さんは「言葉で代用できない部分に実は真実が隠れている。言葉によらない共感を小説に書かなくちゃいけない」と考えている。

リラの生態を観察して話しているのに、人間の生き方や営み、これまでの人類の歴史をみているかのようだった。似ている部分もあれば違う部分もある。なかでも、人間は因果をとても大切にするが、ゴリラは過去のことを考えないというところが印象深い。

リラのオスは、自分の子ではない子供ゴリラを殺すことがあり、その後その死んだゴリラの母とつがいになることもあるという。人間では信じられないが、ゴリラは「以前こうだったからこうなる」という因果の考えがなく、常に未来しか考えないというのだ。ゴリラにも感情はあるのに、それは人間とは違った形のもの。

談であるから、会話文になっておりとても読みやすかった。お2人が語らう姿が浮かんでくる。言葉を持たずにゴリラと分かち合う山極さん、言葉をして小説をつくる小川さん。対極にいるような関係だけれど、どこかで共通するような、触れ合う部分がある。そして、こういった対談は、同業や似通った者同士でないほうがおもしろいと思った。それぞれの個性や感性がより引き立つのだ。

れでも、やはり前書き(この作品では「はじめに」)の小川さんの洗練された文章にうっとりするし、また後書き(「おわりに」)の山極さんの自然と動物愛に溢れた文章を読むと安心する。私はやはり会話文よりも読まれるために推敲された文章が好きなんだなと感じた。

極さんは最愛の友をゴリラと言っている。ゴリラの気持ちもわかり、ゴリラからも理解されているのだ。そんな山極さんが語ること、そして書かれた文章の端々には、おおらかで人を包み込むような愛に溢れていると感じた。まるでゴリラに守られているような安心感だ。

honzaru.hatenablog.com

honzaru.hatenablog.com

honzaru.hatenablog.com

『都会と犬ども』マリオ・バルガス=リョサ|塀のなかでの人間関係

f:id:honzaru:20211114094125j:image 

『都会と犬ども』マリオ・バルガス=リョサ 杉山晃/訳

新潮社 2021.11.15読了

 

ルー・リマにある軍人士官学校を舞台とした、寄宿舎に住む10代の少年たちの群像劇である。これがリョサさん初の長編小説で、しかも20代に書かれたものであることが信じがたい。自身の体験を元に創り上げたようだが、作中で「詩人」と呼ばれるアルベルトが彼自身のイメージに近いのであろうか。

り手も時間軸も行ったり来たりするので、最初は戸惑いがあったが、意外と読むペースはスムーズだった。リョサさんの作品は読みやすいもの(『楽園への道』『悪い娘の悪戯』など)と読みにくいもの(『緑の家』『ラ・カテドラルでの対話』など)が二極化しているのだが、これはちょうど中間な感じ。若い頃に書かれたからか、挑発的で攻撃的な印象を受けた。  

盤の暴力的な言葉と描写が痛々しい。少年の叫びが文体にも表れて、これがずっと続くのかなとちょっと苦しいほど。タイトルにある「犬ども」というのは、士官学校に入学した下級生を指す。野犬のように喧嘩をし、上級生たちに奴隷のように扱われる残酷な世界。

格子の中、まるで少年院の中を見ているような気分になってしまった。絶え間ない暴力と服従、見張りや拷問で息が詰まるようだった。解説では、これが当時のペルー社会の縮図だと述べられている。士官学校の外の世界の章になると、読んでいて息がしやすかった。

病であったり密告するような奴らを嫌い、「男らしく振る舞うこと」を信念とするジャガーには惚れ惚れする。少年たちの唯一の味方である(それを少年たちには見せないが)ガンボア中尉もまたかっこいい。この荒廃した塀の中にいる少年たちの行動や想いを通じて、本当の意味での「友だち」とはどういう存在なのかを考えさせられた。

まく表現できないけれど重厚な作品を読みお腹が膨れた、というラテンアメリカ文学ならではの読了感が今回もまた胸に押し寄せた。さて、少し前に刊行された『ケルト人の夢』も気になるし、まだリョサさんの作品は未読のものがあるから次は何にしようか迷うところ。

honzaru.hatenablog.com

『雲上雲下』朝井まかて|古くから伝わる民話の復興を

f:id:honzaru:20211112073259j:image

『雲上雲下(うんじょううんげ)』朝井まかて

徳間文庫 2021.11.13読了

 

供の頃にテレビで観た「まんが日本昔ばなし」を思い出した。必ずあのテーマ曲とセットだ。「ぼうや~ 良い子だ ねんねしな」という歌声とともに、竜に乗った男の子が画面いっぱいになって映し出される。懐かしいなぁ。当時は特別好きなアニメだったわけではないけれど、いま思えば良い番組だったと思う。今の子供達は、昔ばなしは寝る前に読んでもらったり、絵本で読んで知るのだろうか。

う、この『雲上雲下』という小説は、古来から伝わる昔ばなし・民話を元にした小説である。「草どん」という植物の視点で話が始まる。金色の子狐が草どんのところに来て、お話をせがむ。草どんは、何百年も生きているから色々な話を知っている。子狐と途中から参加する山姥(やまんば)に、民話を話し聞かせていくというストーリーだ。

こかで聞いたことがあるようなお伽噺が草どんから語られる。なんだか懐かしい気持ちになった。歴史・時代小説作家である著書の文体がこの作品に合っていて耳に心地よい。実際には目で読んでいるのに、不思議と聞いている感覚になってしまう。途中からがらりと雰囲気が変わり、よりファンタジー要素に溢れてくる。

井さんによると、この作品には「忘れられた民話の復興や、現代の物語事情に対する問題提起」が含まれているという。確かに口承によるお伽噺は現代では廃れてしまっているように思う。大人がまずこれを読んで懐かしさを感じ、そして昔ばなしを子供たちに聞かせることで受け継ぐことができるのだと思う。文庫本の解説をしているのは、ファンタジー作家である阿部智里さん。まだ彼女の作品は未読なのでいつか読んでみたい。

『断片的なものの社会学』岸政彦|言葉にするほどのない物事を絶妙に表現する

f:id:honzaru:20211111004237j:image

『断片的なものの社会学』岸政彦

朝日出版社 2021.11.11読了

 

政彦さんといえば、東京に暮らす150人にインタビューしそれをまとめた『東京の生活史』が話題になっている。かなり分厚くて値段もまぁまぁなのに、すでに4刷の増刷が決まったらしい。私が岸さんのことを知ったのは柴崎友香さんと共著の『大阪』を読んでからだ。岸さんの文体が気に入ったので、他の作品も読みたいと思っていた。

honzaru.hatenablog.com

会学とは何か。思えば大学の学部を選ぶ際に社会学部というものがよくわからなかった。曖昧で抽象的な概念であるが、岸さんは「仕事として他人の語りを分析する」という表現をしている。この本はタイトルに「社会学」という言葉が入っているが、中身は専門用語もなく読みやすい文章で綴られており、極上のエッセイである。

くさんのエピソードと岸さん独自の見解が柔らかく書かれている。なかでも一番心に残ったのは、【まず私たちがすべきことは、良いものについてのすべての語りを「私は」という主語から始める】というところだ。一般的に通説として、良いとされているものはたくさん溢れてきる。でもそれは、実は別の誰かを傷つけたり排除しているということ。

人が結婚したら「おめでとう」と声をかける。もちろんお祝い事(と広く一般的だ)であるし、私自身も嬉しくなり心から祝う。だけれども、一方で結婚しない人、できない(日本では同性婚が認められていないためその意味で)人が決してめでたくないわけでも不幸なわけではない。それなのに、そういった人は「おめでとう」と言われることがない。確かに変だ。何かがおかしい。

の考え方は実は多くのものごとに関連するだろう。何が良いのか、美しいのか、力があるのか、好きなのか、これらは完全に個人の考え方の問題であるのに、私たちは何気なく言葉を暴力にして使っているのかもしれない。それでも、全てに「私は」と主語をつけることは難しい。岸さんが言うように「何も言えない」という困ったことになる。

の本には、多くの人の日常の断片や欠片がたくさん詰まっている。特別なことは実はほとんどなくて、ほとんどが他愛もないものの連続なのだ。普通という概念ともまた違う。エピソードの中で、5年おきに集まる家族がいいなと思ったし、「ある種の笑い」についての話が腑に落ちた。岸さんは、言葉にするほどでもない物事を絶妙に表現するのがとても上手い。

は過去に不動産の販売で営業をしていた経験がある。新築マンションが建つ地域の近隣住民に意見を聞く名目(実際には、購入できそうな見込み客を探すほうが目的だ)で、アンケートを取る仕事があった。古い団地を歩き回りピンポンを押す。今ほど個人情報の縛りはなく、当時は女性若手社員だったこともあるため、意外にもドアを開けてくれる人はいたが、それでも見ず知らずの人を直撃するのに抵抗があった。話をたくさん聞くことはさらに難易度が高かった。

くの人にインタビューをすること、本音を聞き出すことは並大抵ではない。岸さんはどうやって人の懐に入っていくのだろう。この本もまた生活史について綴られている。これがバージョンアップしたものが『東京の生活史』なのだろうか。いずれ私が読むことは間違いない。

して、岸さんの小説も読んでみたい。この本のなかでル=グィンのファンタジーの話が数回出てきたし、岸さん自身、純文学や私小説はおもしろいとは思わないと話している。でも岸さんの小説、純文学に近いんじゃないかなと「ある種の笑い」が私にも生まれる。

 

『サイラス・マーナー』ジョージ・エリオット|人生の晩年に幸せがやってくること

f:id:honzaru:20211109071738j:image

『サイラス・マーナー』ジョージ・エリオット 小尾芙佐/訳

光文社古典新訳文庫 2021.11.10読了

 

織り(はたおり)という職業については、現代社会で、さらに日本ではなかなか想像しにくい。サイラス・マーナーとは、この小説に登場する孤独な機織りの主人公の名前である。地味で、はたから見ると幸せにみえない彼の人生ではあるが、晩年に得たものは何だったのか。

と恋人に裏切られたサイラス・マーナーは、絶望のなかで故郷を捨てた。ラヴィローという小さな村に辿り着き、機織りをして質素にひっそりと暮らす。楽しみは機織りで得た金貨を貯めて眺めて触れること。これは、今でいう通帳を見てにんまりするようなイメージだろうか。いや、印字された数字を見るのと、重くて光る実物の金を触るのとでは全く異なるだろう。

れにマーナーが大事にする金貨は、お金を貯めることに酔いしれているわけではなく、人を大事にする気持ちと変わらないように描かれている。人間は裏切るがモノは裏切らないと信じているかのように。マーナーは村の人々との交流もないまま生活していたが、新たなる災難が襲いかかる。なんという運命!こんな善良な人に困難ばかり被せて!と憤りながらも仕方なく読み進めていく。

は最後まで読むと、人生にとって大事なものは何なのかが見えてくる。人間にとって「人生の終わりのほうに幸せがやってくること」が実は一番良い人生と言えるのではないか。だから、若い頃、そしてまさに今、辛い難局にいる人がいたら、乗り越えることできっと光は見えてくるのだと思える。

ーナーの物語と同時に、村の富裕層を父に持つゴッドフリーの物語が交差しながら進んでいく。彼の物語も実は幸せとは言えないのだが、最終的には愛が全てを救うかのようだ。

ョージ・エリオットさんの作品はやはり趣がある。人間の真理について説いており哲学的である。自分の好みに合うから、ひたすら読み続けていたい文章だ。今年の6月に『ミドルマーチ』を読み、確実に今年のベスト3に入るほど気に入りとても感動した。

リオットさんの作品は今のところ手軽に手に入るのはこの本で終わりだ。どうしよう。彩流社という出版社から「ジョージ・エリオット全集」が刊行されているようだが、値段をみて驚いた。さて、どうしよう。新訳の文庫化(岩波さんあたり出してくれないかな)を待つか、図書館で借りるか…。

honzaru.hatenablog.com